ChokottoDiary

信州須坂市と近隣の情報をちょこっとばかり。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 『須坂フルーツおこし』de町おこし | TOP | 晩秋の軽井沢より >>

2009.10.30 Friday

赤い果肉の林檎





 赤い果肉の林檎。見た目はまるで桃の様。
長野県果樹試験場の育種部の方に10数種類の赤い果肉の林檎を
紹介していただきました。見るのも初めて、食べるのも初めての体験。
白や黄色系の色が従来の林檎の果肉色ですが、この赤色はさすがに衝撃的でした。
りんごは果皮細胞にアントシアニンという成分が集まることによって赤く見え、
そのアントシアニンが果肉まで広がっている状態のようです。
そして、味も美味しいとくれば市場価値はますます上がります。
親にここ須坂で生まれた「秋映」などを持つ品種は最高に美味しいかったです。
今後の商品化は順調にいって3年後だとか。ぜひ生食での商品化を期待しています。
その時までに美味しい菓子への活用設計図を考えておくとします。

コメント

これはきれいですねー!
うまそうにも見えます。
「まるごと青森」のサイトに載っていたものと同じものかな?
この写真の方が圧倒的にきれいだけれど。

http://marugoto.exblog.jp/10388110/
2009/11/01 11:59 PM by icydog
icydogさん、こんにちは。
本当にきれいですよね。しかも、うまいんです。
「まるごと青森」も拝見しました。
一歩も二歩も先を行っている青森に脱帽ですね。
でも、この「赤の衝撃」は生食だからこそのものだと
思うんです。ジュースなどの加工品ではなく、
最初はぜひうまい生でいきたいものです。
フルーツサラダにしても絶対に綺麗です。
2009/11/02 7:51 PM by Dango

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.komorimochiten.com/trackback/1169805

トラックバック

▲top